故(ふる)きものと新しきもの - 施工事例 | エネリアリフォーム
施工事例
  • エネリア
  • プレミアムリフォーム
メインイメージ

今回の物件は、元々築300年の土蔵を44年前に住宅に建て替えられたとても歴史のあるお家のリノベーションです。ご先祖さまが遺してくれたものを大切にしていたお施主様。170年以上使っている引き戸を再利用するなど思い入れのある、故くて良いものを残しつつ機能的に優れた新建材と融合した空間となっております!

それではリノベーション内容を覗いてみましょう!

建物
戸建て
面積
58.3㎡
築年数
築44年
構造
木造
総予算
約900万円
リフォーム内容
全面リフォーム
Before
After
170年前に古民家で使っていた引き戸は、リノベーション前はダイニングとリビングの境の引き戸に再利用されていました。今回は和室側に移動させ再々利用しました!その際、4枚必要でしたが、3枚しかなかった為、新にもう1枚同じように製作しました。どれが新しい戸か見分けがつかないほどの仕上がりです!
Before
After
石蔵に保管されていた建具を玄関収納の建具として再利用をしました!とても歴史がありますが、現代の雰囲気にとてもマッチしています!
いかがだったでしょうか?

今回は、まさにリノベーションの良さを最大限に発揮された物件でした!
古い戸に合わせて新しい建具やキッチンは焦げ 茶で統一したことで全体の調和を図り、古いものが違和感なく新しいものの中に溶け込む空間となりました。

みなさまの住宅に関してのお悩みや理想・考えなどをお聞かせください!少しでもお役にたてればと考えております!
こちらの連絡先まで!TEL:054-285-3724
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

リフォームに関してはこちらまで

0120-93-0836
(受付/平日8:45〜17:30)

メールでお問い合わせ

その他の事例